10月、カテリーナの森、ホルトホールにて4つのイベントを開催!

土に近い生活の中での想像

自然と人間の融和と共生の中で生まれる音づくりを目指し

東京から山香へ拠点を移して30年、

そんなカテリーナ古楽器研究所も来年は50年を迎える節目となります。

これまで紡がれて来た様々なストーリー、土地や人々への感謝とともに、

これからの未来を創造する時間となるよう、4つの公演を開催致します。

___

10/13(水)

「カテリーナの森から生まれた古楽器」/ J:COMホルトホール・小ホール

カテリーナの古楽器の世界を堪能していただく展示と演奏会

10/18(月)

民謡公演「朝菜、夕菜」/ J:COMホルトホール・大ホール

Chiyomi Ymada × Catherina EMIW

~カテリーナの古楽器が奏で、歌い継ぐ日本民謡の世界へ~

東洋と西洋の音が交わる古のサウンドを

10/23(土)

「カナタの旅 」/ カテリーナの森・野外劇場

baobab + haruka nakamura

カテリーナの森の劇場にて、2020年開催延期となっていた「カナタの旅」待望の代替え公演

10/24(日)

「古くて新しい 音の世界」/ カテリーナの森・野外劇場

カテリーナ古楽器研究所と森の聖歌隊

4公演のフィナーレはカテリーナの森の空気の中、中世の音世界を堪能ください。

詳細は、カテリーナ古楽器研究所HPをご覧ください。

https://www.catherina1972.com/30th